業務案内

GIS(地理情報システム)

GIS(地理情報システム)業務のご案内

GISは、もはや特定の分野で使われる専門的な技術ではありません。

ハードウェア、ソフトウェアの低価格化、多種多様なデジタル地図の提供が進んでいます。
以前は、膨大な時間と経費をかけて個別に整備していたものが身近に利用可能になっています。

用途に合わせた最適なGISの選択導入が可能。

弊社では日頃の業務経験を経験を活かし、より身近な分野で利用できるGISを中心に提案しています。

簡易なGISも有ります。

たとえば、ACCESSやEXCELの既存データを電子地図やCAD図面に関連付けをおこなう。
これで基本機能を備えた簡易なGISシステムができあがります。

GIS活用事例

これまでは電子化されていない地図と台帳は、別々に管理運用されていました。
これからの高度情報通信社会の基盤 とするため地図と台帳を融合し、管理・運用するためにGISが活用されています。

下水道管理システム

下水道施設の登録更新、上下流検索、図面作成など管理業務の効率化、データの保守・管理をサポートします。

下水道施設管理のための、管渠、人孔、桝等の情報の検索、抽出、表示ができ、必要な調書の出力や印刷が、簡単に行えます。

道路台帳システム

図面の管理から道路台帳調書の作成、各種帳票出力を一貫して行うことが可能になります。

上水道管理システム

給水台帳管理や施工図面の管理などの上水道管理業務を支援します。

公有財産管理システム

デジタル化することで複数の地図と台帳を効果的に管理できます。

ファイル管理システム

お手持ちの資料の有効活用で事務の効率化をはかります。
情報の収集及び提供に要する時間も格段に短縮されます。